• 症例写真
  • 料金一覧
  • 長澤院長の紹介
  • 診療一覧
  • アクセス

短時間でほくろやいぼを無痛で無くします

短時間でほくろやいぼを無痛で無くします

ホクロやイボは顔の印象をマイナスに見せることがあるため、古くから行なわれていた治療です。 最近は女性と男性の割合が半々くらいになっており、男性の患者様の多さに驚いています。 ホクロやイボの色、大きさ、ふくらみに応じて、最適な治療を行うときれいな仕上りになります。同じ器具を 使えば簡単にどの医師でもできる、と思われるかもしれませんが、特徴に合わせた治療を行わないと治らない ばかりか、余計に大きくなることもあります。ホクロやイボは肌の上にポンと乗っかっているわけではなく、 植物のように根っこがあります。表面だけを取り除いても、大きな根っこが残っているとすぐ元に戻り再発します。 また根っこを意識しすぎて深く掘ってしまうと、大きくへこんでしまい、思春期の頃にニキビをつぶしたような 穴の跡が残ってしまいます。根っこの状態を判断しながらきれいに取る、実は置くが深い治療なのです。

ほくろ・いぼの特徴

ほくろ・いぼの特徴

お顔を鏡に映して見ると、ホクロやイボの大きさや形、ふくらみがそれぞれ違っています。一つ一つの特徴を見極めて、適した治療法を行わないと元通りに再発する、または悪化してしまうことになります。多くの方が「レーザーが一番」とイメージされるかもしれませんが、もっと効果的な方法できれいに取ることができます。多くの方が心配される治療中の傷みがないよう、無痛麻酔で行なうこともできます。

Eシェーブ法

Eシェーブ法

小さなホクロ、少しふくらんだホクロやイボは「Eシェーブ法」が効果的です。最新の電気メスで色やふくらみの表面を、少しずつはがすように削っていく方法です。色の部分が取れ、根っこの状態を目で見ながら治療の深さを判断するため、深い穴のような跡が残ることはありません。

リーフカット法

リーフカット法

大きくふくらみのあるホクロ、土台がしっかりしているイボは「リーフカット法」をおすすめします。ホクロやイボの輪郭に対して、木の葉型(リーフ)に切除して縫合する方法です。大きなホクロやイボは頑丈な根っこがあることが考えられるため、リーフカット法で再発なく治すことをご提案することがありますが、中には「少しとは言え切りたくない」という患者様もいらっしゃるため、その場合はEシェーブ法ではがすように削る方法を行ないます。できる限りご本人のご希望に沿って、治療方針を決めていきます。よい方法を一緒に考えましょう。

どのようなことでも親身にお応えしますcv_txt01

銀座長澤クリニックでは、患者様の症状と真摯に向き合い さらなる効果へと導くご提案しております。
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約