バストもアンチエイジング、東京銀座長澤クリニック

豊胸治療が不安で決心できない方へ

安心して豊胸治療を受けていただくために

出産やダイエットによって小さくしぼんだバストで、
お悩みではありませんか?
若いころの形・ハリ・ボリュームに戻したいという
ご希望は、大変多く寄せられます。

特に30~40代の方々からのご相談が多く、
20代のころのバストと比較し
「貧相になった・・・」と悲嘆的になられる方も少なくありません。

豊胸治療が受けたいけれど怖い
たしかに、豊胸治療を受けると上記のようなことが起こる、
となると慎重にならざるをえませんね。
ここでは治療方法の説明だけでなく、患者さまから多く
寄せられる不安な点をご紹介しわかりやすくお答えしていきます。

迷っている方にとってご参考になれば、幸いです。
豊胸治療が受けたいけれど怖い
■経歴
  1. ・昭和59年3月 : 慶應義塾大学医学部 卒業
  2. ・昭和62年3月十仁病院 勤務
  3. ・平成4年12月大手美容外科 院長
  4. ・平成21年07月大手美容外科 院長
  5. ・平成22年7月銀座長澤クリニック 開設
  1. ・医学博士
  2. ・日本美容外科学会専門医
  3. ・日本美容外科医師会理事
長澤クリニック 院長 長澤誠一郎
どのような事でも親身に応えます。

術前術後や経過のお写真、体験談など、
ご協力いただく代わりに、特別な費用で ご案内させて頂いております。

豊胸治療が不安で決心できない方へ

カウンセリングの際に患者さまから寄せられるご不安と、私の回答をQ&A形式で掲載します。
大切なバストのことなので、不安をすべて解消してから治療をご検討ください。

ヒアルロン酸や脂肪をバストに注射すると、
しこりができることがありますか?

どちらも体内に存在する成分ですが、稀なケースで身体が外からの注入物に対して異物反応を起こし、
コラーゲン繊維の被膜を作りカプセル状に閉じ込めることでしこりのようになることがあります。
特に1か所に集中して注射すると、可能性が高まります。
特に問題はなく通常は経過とともに消失していきますが、自然な状態ではありませんね。
一部分に大量に注入せず全体にまんべんなく注射することによって、しこりの発生を防ぐようにしています。


豊胸治療を受けると、乳がんになるリスクが
高まりますか?

20年近く前に、「シリコンバッグを挿入すると乳がんになりやすい」という話が国外を中心に出回り、
一時期アメリカではシリコンバッグによる豊胸が禁止となった時期がありました。
その後シリコンバッグ挿入と乳がんの発生率の調査が行われ、因果関係がないことが分かり、
現在アメリカではシリコンバッグによる豊胸が広く行われています。
以上の経緯から「豊胸治療=乳がんのリスクが高まる?」という疑念があるようですが、
将来的に乳がん発生のリスクが高まることはございませんので、ご安心ください。。


シリコンバッグを入れると固くなり、
丸く縮まるのですか?

手術の際、バッグより大きめのスペースをバストの中に作ります。
このスペースを十分に作り、術後のマッサージを定期的に行うことでバッグの可動域が確保され、
自然な動きや触り心地をキープします。
逆にこのスペースが不十分だとバッグが動く範囲が狭くなり、
稀にバッグを取り囲む組織が固く縮まることがあります。
(「カプセル拘縮(こうしゅく)と言います)。

バッグがボール状の丸い形となり触り心地も固く不自然なため、「バッグを入れるスペースをしっかり
作る、定期的なマッサージを行う」ことが大切だとお考えください。


ヒアルロン酸や脂肪をバストに注射すると、
しこりができることがありますか?

どちらも体内に存在する成分ですが、稀なケースで身体が外からの注入物に対して異物反応を起こし、
コラーゲン繊維の被膜を作りカプセル状に閉じ込めることでしこりのようになることがあります。
特に1か所に集中して注射すると、可能性が高まります。
特に問題はなく通常は経過とともに消失していきますが、自然な状態ではありませんね。
一部分に大量に注入せず全体にまんべんなく注射することによって、しこりの発生を防ぐようにしています。


バストに入れたもの(バッグ、ヒアルロン酸、脂肪)が
身体に悪影響をおよぼすことはありますか?

上記の豊胸治療は、乳がん手術で乳房を切除した方への再建手術として、大学病院などでも行われる方法です。
注入したヒアルロン酸や脂肪が将来的に変質し、身体へ影響することはありません。
また、バッグの破損やその中身が漏れる心配をなさる方もいらっしゃいますが、現在のバッグ(コ
ヒーシブシリコン)はグミ状になっており中身が漏れることはありません。
バッグの外側も耐久性が大変向上しており、相当の衝撃でも破損することはありません。 万一取り除きたい場合は、手術によって取ることができます。


母乳や授乳に問題はありませんか?

これから出産をお考えの方にとって心配な点ですが、
治療によって乳腺組織を傷付けることは一切ないため、授乳への影響はございません。
バッグの中身、注射したヒアルロン酸や脂肪が母乳に混ざることもございませんので、ご安心ください。


レントゲン撮影・CT・MRIなどの検査に支障は
ありますか?

結論から言うと、豊胸治療を受けていても病気の発見の妨げにはなりません。
検査の際の撮影で写るか?と言えば、いずれの材料も撮影の条件によっては写ることがあります。
しかし、乳がん等検査の妨げになることはありません。
なお、医療機関には守秘義務があるため、会社の市・区の健康診断を受ける場合でも
シリコンバッグが入っていることを報告されることはありません。
その点を踏まえ、治療法をご検討なさるとよいでしょう。

豊胸治療が不安で決心できない方へ

様々なクリニックのサイトをご覧になった方はご存知かと思いますが、
現在行われている豊胸治療は、・ヒアルロン酸注射・シリコンバッグ挿入
・脂肪注入(ピュアグラフト法)の3つの方法が代表的です。

ご希望に応じ患者さまと一緒に治療法を考えております。
当院では「出産やダイエットでデコルテがやせ細ってしまった」という30~40代のご相談が多く、短時間で料金も比較的リーズナブルに行えるヒアルロン酸注射(ハイアコープ、アクアフィリング)の人気が高いです。

数あるヒアルロン酸の中でも
「バストのボリュームアップ用」として開発された、
※ハイアコープ(SUB-Q)や※アクアフィリングなど
粒子の大きなタイプを使用しています。
皮膚よりやや深めの位置に注入することで凹凸になることを防ぎ、自然な感触なままボリュームを出すようにしています。
治療後1~2年ほど経過するとややボリュームがダウンしますが、ゼロになることはありません。
生活上の支障も全くなく、手軽で将来的な再注入も行いやすいため、大変人気の高い治療法です。

※ハイアコープ
ヒアルロン酸とは人間の体(関節や皮膚)を形成している組織のひとつです。もともと体内にあるもので、バストに注入をしても安全です。
豊胸に適した、粒子の大きなタイプのヒアルロン酸となります。
※アクアフィリング
ポリアミドと水分が主成分となる素材です。触り心地が大変自然であることが特徴です。従来のヒアルロン酸よりも持続しやすく、自然な形状を長期間維持します。万一除去したい場合、簡単に素材を分解することが可能です。

  • 80cc/30万円
  • 100cc/40万円
  • 160cc/60万円
  • 200cc/80万円

  • 80cc/30万円
  • 100cc/40万円
  • 160cc/60万円
  • 200cc/80万円

※これ以上の費用は一切かかりません。※公的医療保険は適用されない自由診療となっております。予め御了承ください。

シリコンバッグを用いた、
吸収されず将来的にもサイズがダウンする心配のない豊胸治療です。

Q&Aでお答えしましたが、
現在はシリコンバッグの品質は大変向上しており、
破損や劣化によるトラブルはまず考えられず、バストの動きや触り心地も自然に近い状態に仕上げられます。
3カップ以上のアップを希望なさる方の場合、
脂肪やヒアルロン酸注射による方法だと段階的に行う必要がありますが、ご希望のサイズの
シリコンバッグを挿入すれば一度で理想のサイズにボリュームアップできます。 過去にヒアルロン酸注射や脂肪注入法をお受けになった方でも、シリコンバッグを挿入することが可能です。


  • 治療時間 約60分
    90万円
  • ※これ以上の費用は一切かかりません。
    ※公的医療保険は適用されない自由診療となっております。
    予め御了承ください。

古くから行われている「自己脂肪注入法」の中で、
最新の技術を用いた方法です。
腹部や大腿部などから吸引した脂肪を、ピュアグラフトという特殊な「フィルター」を使用して不純物(水分、血液、老化細胞)を約80%ろ過し、良質な脂肪細胞のみを注射します。
そのためバストへの定着率が高く、凹凸やしこりになりにくいなど、数ある脂肪注入法の中でもっとも豊胸治療に適した方法です。
「余分な脂肪をなくし、バストを大きくしたい」という女性にとって理想的な治療方法と言えるでしょう。

ピュアグラフトフィルターの仕組み


  1. 吸引した脂肪組織には、不純物(水分や血液をはじめ死活細胞、老化細胞など)が含まれています。 不純物が混じった脂肪をそのまま注入すると、生着率の低下やしこりの原因となります。

  2. 吸引した脂肪組織には、不純物(水分や血液をはじめ死活細胞、老化細胞など)が含まれています。 不純物が混じった脂肪をそのまま注入すると、生着率の低下やしこりの原因となります。

  3. 吸引した脂肪組織には、不純物(水分や血液をはじめ死活細胞、老化細胞など)が含まれています。 不純物が混じった脂肪をそのまま注入すると、生着率の低下やしこりの原因となります。


  • 治療時間:約1時間30分
    70万円
  • ※脂肪吸引代を含みます。
    ※これ以上の費用は一切かかりません。
    ※公的医療保険は適用されない自由診療となっております。 予め御了承ください。

乳頭が長い、乳頭が大きい状態をご希望の大きさに改善する治療です。
乳頭の中身の組織を取り除き、縫い縮めることで形を小さくすることが可能です。
「右の乳頭を左の形、大きさに合わせたい」という片側のみの治療も行っております。


  • 乳頭縮小 35万円~(税別)
  • ※これ以上の費用は一切かかりません。
    ※公的医療保険は適用されない自由診療となっております。 予め御了承ください。

施術料金

ピュアグラフト法 70万円(税別)
※脂肪吸引代を含む
ヒアルロン酸注入(ハイアコープ・アクアフィリング) 80cc/30万円(税別)
100cc/40万円(税別)
160cc/60万円(税別)
200cc/80万円(税別)
※状態やサイズにより、お見積りさせていただきます。
バッグ挿入法 90万円(税別)
乳頭縮小 35万円(税別)
へそ形成 30万円(税別)
点滴麻酔 10万円(税別)
どのような事でも親身に応えます。

術前術後や経過のお写真、体験談など、
ご協力いただく代わりに、特別な費用で ご案内させて頂いております。

東京都中央区銀座2-4-18
ALBORE GINZA(アルボーレ銀座)3階

■ 診療時間
10:00~20:00
※土・日・祝日も診療しています。